LINEで送る

病院での治療はお金がかかる

診察室

病気になった場合は病院にかかりますが、診察を受けると当然ながら治療代や薬代など諸々の費用が発生します。病気によっては入院が必要になりますし、手術もたいへんなお金がかかります。通院でも月に何度も通う場合はそれなりに費用がかかります。生活習慣病のように、長期的な経過を見る疾患もあり、毎日一定の薬を飲む必要があったり、ケガなどで急に治療代を用意しなければならないこともあります。困るのは病気やケガで働けなくなる状態で、医療保険などに加入していなければ、全ての費用を貯金を切り崩して支払わなければなりません。病院の医師や看護師でも良いですが、費用についての相談は受付事務のスタッフが専門です。高額療養費など、条件を満たしていれば費用の一部が戻ってくる制度などを詳しく教えてもらえます。また、万が一の時に医療保険に加入しておくことは、非常に心強い存在となります。病院では、初診料と再診料に加え、診察での処置や検査、薬の処方など色々と請求されます。最近では医薬分業のため、調剤薬局で薬を受け取る形になっていますので、さらに調剤薬局でも別代金を支払う必要があります。病院の医師によっては、なるべく治療代がかからないよう配慮してくれる先生もいますが、患者側から申し出たり、薬をジェネリックにしてもらうなど、余計に支払う分をカットすることも考えましょう。

 

病院のお得情報

新着情報

↑PAGE TOP